【クラロワ】特殊ルールの2.2ライトニング最強決定戦について

クラロワ
★アプリ紹介

GameArenaとは……

クラロワの大会で 優勝する だけで
i-Tunesカード

が貰えるアプリ!


遊んで稼ぐ-GameArena(ゲームアリーナ)
遊んで稼ぐ-GameArena(ゲームアリーナ)
開発元:Arii Inc
無料
posted withアプリーチ

GameArenaさん主催の”2.2ライトニング最強決定戦”に参加し、結果は準優勝となりました。

決勝戦の最後の試合で負けてしまう悔いの残る大会となりましたが、いつもと違った楽しみ方ができたので今回はその試合模様をご紹介します

 

ルール

まずスケルトン、アイスピ、ミラー、ライトニングを必ずデッキに入れます

残り4枚のに入れられるのは、2コストのカードのみです。

上4枚が確定していて、下4枚を2コストのカードのみでデッキを構成するため、必ず平均コストが2.2になります

これが2.2ライトニング大会のルールとなります

 

試合の流れ

次に、基本的な試合の流れをご紹介します

お互いにプリンセスタワーとキングタワーを巻き込んでライトニング

最終的にキングタワーの折り合いになり、キングタワーを起動してもデメリットが無いため、最初からキングタワーを巻き込んでライトニングを打っていきます

 

同サイドのプリンセスタワーが折れ、キングタワーの削り合いに

ライトニングや細かいユニットで相手のキングタワーを削っていきます。防衛でミスをするとダメアドを取られてしまうため、一撃も攻撃を受けないよう防衛します

 

ライトニングまたは小型呪文でフィニッシュ

最後の最後はお互いにタワーが削られ、緊迫した試合になります

 

テクニック(的なこと)

  • 初手の動き方その1

手札にライトニングがあり、次にミラーライトニングが打てる場合、初手からライトニングを打っていきます

1番良い展開は

こちらが初手ライトニング

→相手も初手ライトニング

→自分がミラーライトニング

→相手がミラーライトニングを打てない

という展開です。この場合、ミラーライトニング一回分のダメアドを取る事ができ、相手より早くタワーを削る事ができます 

 

  • 初手の動き方その2

ミラーが2枚目のカードではない場合はこちらからカードを切ります

相手の槍ゴブを処理するため、呪文は使わず、槍ゴブやアイスピから出していきましょう。その際、エリクサーが10まで溜まっていない状態で「よろしく」を打ちそれと同時に槍ゴブを出すと、相手がスタンプを打っている間に槍ゴブが刺さる事があります(※セコい戦法なので使いすぎると嫌われます

 

  • 呪文以外のキングタワーの削り方

ライトニングで削り合いで負けそうな場合は、樽ババミラー+αで削りましょう。樽ババミラー+スケルトン読みのウッドや、樽ババミラー+槍ゴブで攻めるとダメアドを取り返せる事があります

 

  • 相手のミラーライトニングのタイミング

相手がミラーライトニングを打つタイミングでユニット出すと刺さりやすいです

相手がこちらのユニットに対応しているとミラーライトニングが打てないため、対応が遅くなりユニットの攻撃が刺さります

↓↓↓相手がミラーライトニングを打つ瞬間にアイスピを出すと…

↓↓↓ライトニングを打っている間にアイスピが相手のタワーへ!

お互い呪文の削り合いなので、ユニットでダメージが入るとかなりのアドバンテージをとれます

 

感想

最初にルールを聞いた時は、単純作業の初手ゲーになるのかな…と思いましたが、実際はかなり楽しかったです。

特に試合の最終場面、キングタワーの体力がお互いに少ない状況は通常の試合よりもスリルがあり、心臓がバクバクします。

実際にプレイしてみて新たな攻め方を思いついたり、テクニックを見つけたりするのも特殊ルールならではの楽しみ方ですね

と言う事で、今回はGameArenaさんの大会に参加してみた話でした!

 

タイトルとURLをコピーしました