【クラロワ】高回転(2.9)クロスボウデッキの使い方

クラロワ
★アプリ紹介

GameArenaとは……

クラロワの大会で 優勝する だけで
i-Tunesカード

が貰えるアプリ!


遊んで稼ぐ-GameArena(ゲームアリーナ)
遊んで稼ぐ-GameArena(ゲームアリーナ)
開発元:Arii Inc
無料
posted withアプリーチ

今回は高回転クロスボウデッキを紹介していきます。少し癖はありますが使いこなせば強いので是非マスターしてみて下さい

各カードの役割

  • アイススピリット 攻防

1コストの優秀なユニットです。コウモリ等群れ系ユニットの処理、橋前アイスピでの削りにも使えます。

  • スケルトン 防衛

こちらも1コストの優秀なユニットです。相手の陸カードの受け、クロスボウの前に出してクロスボウを延命したりなど様々な用途で使えます

  • ナイト(アイスゴーレムも可) 防衛

陸受けカードです。バルキリーなどスケルトンとアイスピでは受けきれないユニットに使いましょう。一般的な高回転クロスボウはアイスゴーレムですが2月のアプデでナイトが上方修正されたため、今回はナイト型のクロスボウデッキの紹介です。

  • アーチャー 防衛

唯一の対空ユニットです。対空カードがテスラとアーチャーのみなので、対ラヴァデッキの時はスケルトン、ナイト等で出来る限り延命しましょう。

  • テスラ 防衛

ホグ、ジャイ等建物狙いのユニットを処理したり、クロスボウの側に置いておく事でクロスボウの延命をすることもできます。

  • クロスボウ 攻撃

 攻めの軸のカードです。延命できる時はエリアドを取られない程度に延命してタワーにダメージを入れましょう。

  • ローリングウッド(ザップ不可)

ノックバック効果により陸カードに対して防衛で非常に優秀です。ノックバック効果によりクロスボウを延命できる場面が多く、ザップのリセット効果は活かすことができないため、ザップではなく必ずローリングウッドを使いましょう。また、手札が詰まった時はタワーにローリングウッドをタワーを打って削りましょう。

  • ファイアーボール

三銃士、ガゴ群れの処理、ゴーレムの後衛が溜まっている時などに使います。クロスボウが刺さらないと判断した場合は積極的にタワーに打っていきましょう。

 

デッキ相性

相性が良い 相性が悪い
ホグデッキ ジャイデッキ
枯渇デッキ ロイジャイデッキ
ペッカデッキ ゴレデッキ
三銃士デッキ  

 

上記以外の相性の悪いカード

  •  ローリングバーバリアン

クロスボウにダメージを与え、さらに出てくるバーバリアンが直接クロスボウを攻撃するため、厄介なカードです。ローリングバーバリアンから出てくるバーバリアンのターゲットを変更するテクニックがあるため、気になる方はこちらの記事も御覧下さい

知って差がつくアイスピのテクニック集!

  • アサシンユーノ

 クロスボウにターゲットを取ってしまった後からユニットを出してもターゲットが変更できないので、ユーノを出して来そうな時はナイトかスケルトンをあらかじめ出しておきましょう。

  • メガナイト

ナイト以外メガナイトを受けられるカードがないため、ナイトが手札に無い時のメガナイトは非常に厄介です。相手がメガナイトデッキの時は出来る限りナイトを手札に残しておきましょう。

  • コウモリの群れ

ザップが無いため、相手陣地のコウモリは処理しにくいです。コウモリにはアイスピを当てて処理しましょう。

 

防衛クロス

クロスボウデッキを使っていると、「ここは防衛にフルでエリクサーを使いたいな…」という場面が多々あると思います。そこで、防衛クロスの位置について解説していきます。

防衛クロスその1  ファイボに巻き込まれない位置

この位置は、右のタワーとクロスボウをファイボで巻き込む事ができません。なので相手の呪文がファイボの時はこの位置にクロスボウを置く事が多いです

 

防衛クロスその2 ポイズン、ライトニングに巻き込まれない位置

こちらは右のタワーとポイズン、ライトニングで巻き込む事ができません。対ポイズン型ペッカデッキには良く使うため、是非覚えておきましょう。

 

 

次は、デッキごとの立ち回りを見ていきましょう。

 

対ゴーレム、ジャイ、ロイジャイ

対ゴーレム、ジャイ、ロイジャイはほとんど同じ立ち回りです。今回はゴーレムを中心に立ち回り紹介をしていきます。

対ゴーレム(ジャイ、ロイジャイ)のポイント

  1. 2倍タイムに入る前にタワーを削る
  2. ゴーレム(ジャイ、ロイジャイ)が手札にない時にクロスボウを出す
  3. タワーの体力が残り1000以下になったら呪文削りも視野に入れる
  4. エリアドを3以上取られている時は基本攻めない

この4点を常に意識しながら戦います。非常に大切なので覚えておきましょう。

  • ゴーレムを後ろから展開してきたら逆サイドにクロスボウを

エリアドが3以上取られていない場合、後ろからのゴーレムに対してはクロスボウを置いて逆サイドを攻めましょう。エリアドが取られているとゴーレムの攻撃を防衛できないため、ポイント3に注意しましょう。また、テスラはゴーレムの防衛で使うためクロスボウの延命に使ってはいけません。

 

  • 対ゴーレム専用の少し高度なテクニック

このテクニックはゴーレムのみに使えます。相手のゴーレムが手札にない時にクロスボウで攻めるというポイントの応用バージョンです。それは、相手が後ろから4コスト以上のユニットを出した”瞬間”に逆サイドにクロスボウを設置するとゴーレムが出せないというテクニックです。分かりにくいと思うので実際に見ていきましょう。

 後ろから4コストのランバージャックを出してきました。そして、瞬時に逆サイドにクロスボウを建てます。 この時の相手のエリクサー量に注目してください

↓エリクサーが溜まってからユニットを出すまでラグがあるため、相手はゴーレムを出してもクロスボウのターゲットを取る事ができません

2倍タイムに入るとこのテクニックはかなり難しくなるので使わないほうが良いです

 

対クロスボウ

対クロスボウのポイント

  1. ダメージアドバンテージを取られない
  2. 相手の陸受けを常に把握しておく
  3. 出来る限り先に攻める

この3点を意識しながら戦いましょう。

  • 攻めのタイミングは”相手が陸受けを使った後”

基本的にクロスボウデッキには陸受けカードが少なく、陸受けカードがない時に攻めるとクロスボウが通りやすいです。また、陸受けがない時は防衛クロスや、テスラで防衛して来る事が多いため、その点も意識しましょう。

対クロスボウの最も良い勝ちパターンは、

相手のアイスゴーレムがない時にクロスボウを建てる⇒相手が手札を回してアイスゴーレムを出す⇒また相手の手札にアイスゴーレムが無くなる⇒クロスボウを建てる というサイクルを作る事です

 

↑相手の手札を見ると、アイスゴーレムがないため、クロスボウを建てます。また、この時の相手の手札でクロスボウを防ぐ可能性が高いのはテスラなので、先にナイトを出してテスラで防衛できないようにします。このように相手の手札を把握しておく事で勝率が大きくアップします

  • クロスボウを延命する

クロスボウを良いタイミングで設置できたら、そのクロスボウを出来る限り延命しましょう。

テスラ+クロスボウの形に対して、相手が防衛クロスを置いてきたため、アイスピ、スケルトンでターゲットを取り続けてクロスボウを延命します。

 

対迫撃砲

対迫撃砲のポイント

  1. むやみに攻めず、形を作る
  2. 迫撃砲のターゲットを取り続ける
  3. 十分ダメージアドバンテージが取れたら引きこもって呪文削り

この3点を意識しましょう。

  • 相手の防衛迫撃のターゲットをとる

防衛クロスボウが建ったまま次のクロスボウを置いたため、相手は迫撃砲を防衛で使って来ました。この時は必ず防衛迫撃のターゲットを取り続けましょう。ポイントとしては真ん中から逆サイドにアイスピを出すか、真ん中からスケルトンをセパレートさせる事です。こうする事でより長くクロスボウを延命する事ができます。

 

  • 相手が防衛迫撃から組み立ててきたら自分も防衛クロス

相手がクロスボウを警戒して、一旦防衛迫撃から組み立ててきました。この時、こちらも防衛クロスを建てるのですが、ポイントがあります。それは

  • 呪文で巻き込まれない位置に建てる
  • 相手の迫撃砲が届かない(自分のクロスボウも攻撃できない)位置に置く

この2点です

なぜなら迫撃砲の稼働時間が30秒なのに対してクロスボウの稼働時間は40秒なので、相手がクロスボウを放置しているとクロスボウのみが生き残り、2周目のクロスボウを建てることができ、こちらの攻めの形を作りやすいためです。

 

クロスボウが通らない時は…

相手のデッキによっては、稀にクロスボウが全く通らない事があります。(巨スケロイジャイなど)そういう時は、クロスボウを一切攻めで使わず、呪文削りに切り替えましょう。ひたすら防衛を繰り返し、ファイボとローリングウッドのみでタワーを削りましょう。この時は、エリアドを取られないようなるべくユニットを巻き込んで呪文を打つよう意識しましょう。

以上、クロスボウデッキの紹介でした。もしよろしければSNSでの拡散をお願いします。

タイトルとURLをコピーしました